城南建設 耐震等級

城南建設の耐震等級について

家の耐震性というのが、とても注目をあびています。これから自分のマイホームを建てるとなると、余計にきになってくるのが、この耐震性ではないでしょうか。

 

 

とはいっても、素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものです。ただ、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準がありますので、これを知っておくのは、マイホームを建てるにあたっても、損はないポイントになってきます。

 

 

これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

マイホームを探すなかで、住宅情報などをしっかりと見ている方だと、そういった記載の中に、耐震等級1とか、3とかいうものを見たことがある人もいるかもしれません。このように、耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられています。そして、それによって、耐震の度合いが違うようになっているのです。

 

 

具体的にみていくと、耐震等級3が最高等級となっています。つまり、耐震等級3が一番地震に強いということがいえます。耐震等級1にするためには、2階建ての住宅の場合は別段、法律で定められている簡易な検討方法で検討すれば良いことになってますので、これをクリアするというのは、比較的容易ですが、等級をあげて、耐震等級2や、耐震等級3の家を建てたい、と思う場合は、耐震等級1のように簡単にはいきません。

 

 

 

ふつうの2階建てのマイホームであっても「構造計算」と呼ばれるもの、もしくは精密な検討が必要になります。

 

 

城南建設においては、ホームページ上で、この耐震等級自体の数字というのは見つけられませんが、国産4.5寸檜柱と頑丈な構造と、5回にわたる耐震実験を行っているという風に書かれています。つまりは、地震に最高に強い造りとなっているわけです。

 

 

なので、耐震等級について、一律で明記されているようなものはないにしても、地震に強いということについては、城南設計も自信をもっているところだといえそうです。
あとは、実際に家を建てるとなった場合には、打ち合わせの最初の段階で、どれくらいの耐震度合いを希望するのかというところを含め、相談するとよいでしょう。