城南建設 坪単価

城南建設は、神奈川に本拠地を置くハウジングメーカーです。そして、部類としていくと、ローコストの住宅を提供するハウジングメーカーだといえるところになります。
実際、マイホームを建てる際、ハウジングメーカーによって、価格帯も大きく変わってきます。

 

 

予算にも上限がありますし、ローン条件との兼ね合いもありますので、そういった点を踏まえながら、どのハウジングメーカーにするか、というところが、大きな選択になってきます。

 

 

こういった中で、坪単価が低めのハウジングメーカーというかたちで検索をしてくると、特に関東エリアのかたであれば、候補にあがってくるハウジングメーカーのひとつではないでしょうか。

 

 

実際、城南建設の単価は、かなり低いものもたくさんインターネットで見ることができます。

 

 

ただ、また、こういった坪単価というのは、最初の見積りで出てくる数字を基準とするか、実際にその後にかかってくる工事なども含めるかによって、だいぶ違いがあるという事については、注意が必要です。

 

 

これは城南建設に限ったことではありませんが、たとえば、最初に出てくる単価が、40万程度だったとしても、実際に最終的に払った単価をみてみると、やはり、坪単価60万円ぐらいだった、という場合もあったりします。

 

 

これは、最初の見積もりの単価というのは、本当に最低限度の施工内容によるもので、そのあとの外部工事や、オプションについての費用や、諸手続きにかかる費用などを含めてくると、最終的な支払金額は上がることが想定されてくるためです。

 

 

実際、城南建設で家をたてた人の事例を見てみると、当初予算を伝えておいたけれど、事前審査が通るやいなや、キラリと目を輝かせいろいろなオプションを勧めてきたという話もあったりします。それをすべて受けてしまうと、単価もかなり跳ね上がることになってきます。

 

 

これは営業戦略ともいえますが、低い坪単価を求めるのであれば、そういった点も含めて、価格や単価については、事前に確認をすることが大切だといえます。

続きを読む≫ 2014/12/07 16:47:07

実際、マイホームを建てる際、ハウジングメーカーによって、価格帯も大きく変わってきます。予算にも上限がありますし、ローン条件との兼ね合いもありますので、価格や値下げの可能性なども調べた上で、どのハウジングメーカーにするか、というのを検討していくことになります。

 

 

こういった中で、坪単価が低めのハウジングメーカーというかたちで、特に関東エリアのかたであれば、候補にあがってくるハウジングメーカーのひとつが、城南建設ではないでしょうか。

 

 

基本的に、値段が安いけれど、チープ過ぎない住宅を作るという事にどれくらい実際に値引きしてもらえるかで、どのあたりのものまで、検討にいれていいかも、かわってきますので、できるだけ事前に確認をしたいものです。

 

 

実際、値引きを積極的におこなっているようなハウジングメーカーたくさんあります。実際、インターネットなどで、住宅情報の口コミなどによると、いろいろなハウジングメーカーで大きな金額で値引きがあった、というものも見られてきます。

 

 

こういった中で、城南建設においては、もともとの価格設定が安いということもあり、大幅な値引きを最初から期待するのは難しいかもしれません。

 

 

ただ、こういった値引きについては、ハウジングメーカーによっても、やり方が分かれてくるところですし、また営業さんによっても違ってきたりします。高級路線のハウジングメーカーというのは、高いオプションをつけて値引、というような傾向があるようですし、ローコスト路線の方の商品であった場合には、そこまで大幅な値下げというのは期待がしづらいかもしれません。

 

 

ただ、城南建設でも、営業さんによっては、たくさんのオプションを進めてくるようなスタイルの営業もあるようで、そういった場合には、値下げ交渉のチャンスとみてよいかもしれません。オプションを付けるかわりに、そこからいくらか値下げしてもらう、というような交渉も、トライする価値はあるといえるでしょう。

続きを読む≫ 2014/12/07 16:45:07

城南建設は、神奈川に本拠地を置くハウジングメーカーです。そして、価格帯が低い予算でも、注文住宅を建てられるということで、評判のあるハウジングメーカーとなっています。実際、マイホームを建てる際、気になるのはその価格ですが、ハウジングメーカーによって、価格帯も大きく変わってきます。

 

 

やはりマイホームなら注文住宅がいい、と思う方も多いですが、実際には、予算にも上限がありますし、ローン条件との兼ね合いもありますので、こういった中で、坪単価が低めのハウジングメーカーを探すことになります。

 

 

ローコストの住宅を提供するハウジングメーカーのなかでも、特に関東エリアのかたであれば、候補にあがってくるハウジングメーカーのひとつが城南建設ではないでしょうか。

 

 

城南建設の家の価格帯というのは、かなり安くなっていますので、限られた予算でも注文住宅建てられます。この価格自体にも評判は集まっていますが、さらに、建物が低コストで建てられるのにクオリティも悪くないというのが、この評判のよさの裏付けといえそうです。

 

 

城南建設では、「直営システム」を採用していて、下請けに全てを任せるわけではなく、自社のスタッフさんが対応している部分が大きいのです。そのため、設計についての安心度が違うということです。アフターサービスまでを直接管理してくれるというのも、安心だといえるでしょう。

 

 

また、さまざまな希望にも、フレキシブルな対応をしてくれるということも評判です。実際、注文住宅においては、希望をどれだけ実現できるかというのも大事なポイントになってきますので、城南建設の評判というのは、大切なところになります。

 

 

品質もよく、良心的な価格であることは間違いありませんが、それを実現するには、営業マンさんの対応というのが不可欠です。また、注文住宅では、あまり希望をかなえすぎると、最初の安い単価からかなり価格があがってしまうことがあり得ますので、そこには注意も必要です。

続きを読む≫ 2014/12/07 16:43:07

マイホームを建てるにあたって、たくさんのハウジングメーカーの中から1つを選ばないといけません。どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、大手だけではなく、小さ目のハウジングメーカーにも、いいところがあったりします。

 

 

大手だと、いろいろなハウジングメーカーのホームページはありますが、そこに載っているものだけだと、やはり実感値がないものになりますよね。それに、ホームページの情報が少ないような中小のハウジングメーカーというのもあります。

 

 

こういったところは、インターネット上の口コミというのが、とても便利な情報源になってきます。ただ、こういったものは、実際いろいろなものがあります。いいものだけではなく悪いものもありますが、こういたものを偏りなく見ていくことが大切です。

 

 

大手よりは規模が小さいハウジングメーカーのひとつとして、城南建設があります。ここは、神奈川に本拠地を置くハウジングメーカーです。低い予算でも、注文住宅を建てられるということで、口コミでも評判のハウジングメーカーとなっています。

 

 

実際、口コミなどにある実績のコメントをみていても、城南建設の価格帯というのは、かなり安くなっています。なので、限られた予算でも注文住宅建てられたといういい口コミも多いようです。

 

 

実際、この価格自体にも評判は集まっていますが、安くて性能が悪いというような口コミというよりは、建物が低コストで建てられるのにクオリティも悪くないというのが、この評判のよさの裏付けとなっているようです。

 

 

また、アフターサービスについても、口コミされているものもあります。実際、アフターフォローまでを委託ではなく、直接管理してくれるというのも、安心だといえるでしょう。
城南建設については、自社のスタッフさんが対応している部分が安心というようなこともあり、設計についての安心度が違うということもいえそうです。

 

 

ただ、営業さんのプッシュの強さに閉口してしまったというような口コミもありました。口コミについては、いいものだけではなく悪いものもありますが、こういたものを偏りなく見ていくことが大切です。

続きを読む≫ 2014/12/07 16:40:07

家の耐震性というのが、とても注目をあびています。これから自分のマイホームを建てるとなると、余計にきになってくるのが、この耐震性ではないでしょうか。

 

 

とはいっても、素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものです。ただ、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準がありますので、これを知っておくのは、マイホームを建てるにあたっても、損はないポイントになってきます。

 

 

これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

マイホームを探すなかで、住宅情報などをしっかりと見ている方だと、そういった記載の中に、耐震等級1とか、3とかいうものを見たことがある人もいるかもしれません。このように、耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられています。そして、それによって、耐震の度合いが違うようになっているのです。

 

 

具体的にみていくと、耐震等級3が最高等級となっています。つまり、耐震等級3が一番地震に強いということがいえます。耐震等級1にするためには、2階建ての住宅の場合は別段、法律で定められている簡易な検討方法で検討すれば良いことになってますので、これをクリアするというのは、比較的容易ですが、等級をあげて、耐震等級2や、耐震等級3の家を建てたい、と思う場合は、耐震等級1のように簡単にはいきません。

 

 

 

ふつうの2階建てのマイホームであっても「構造計算」と呼ばれるもの、もしくは精密な検討が必要になります。

 

 

城南建設においては、ホームページ上で、この耐震等級自体の数字というのは見つけられませんが、国産4.5寸檜柱と頑丈な構造と、5回にわたる耐震実験を行っているという風に書かれています。つまりは、地震に最高に強い造りとなっているわけです。

 

 

なので、耐震等級について、一律で明記されているようなものはないにしても、地震に強いということについては、城南設計も自信をもっているところだといえそうです。
あとは、実際に家を建てるとなった場合には、打ち合わせの最初の段階で、どれくらいの耐震度合いを希望するのかというところを含め、相談するとよいでしょう。

続きを読む≫ 2014/12/07 16:37:07